2022年6月1日 投稿者: gizmogo jp

IMEIとは?確認方法やIMEI番号からわかることを解説

「フリマアプリでスマホを売ろうとしたらIMEI番号が必要と言われた」
「IMEI番号を確認する方法が知りたい」

「そもそもIMEIって何?」

IMEI番号は携帯電話の端末を識別するための番号のことです。スマートフォンの通信機能が使えるかどうかを確認するときや、SIMロックを解除する際などにIMEI番号が必要になります。

本記事ではIMEI番号の概要やIMEI番号の確認方法、IMEI番号から分かることなどを解説しています。中古スマホの売買を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

IMEI番号とは

IMEI番号とはどのような番号で、何に使われているのでしょうか?

本章ではIMEI番号について詳しく解説します。

携帯電話の端末識別番号のこと

IMEI番号とは、携帯電話の端末識別番号のことで、日本語での正式名称は国際移動体装置識別番号です。

英語表記のInternational Mobile Equipment Identifierの頭文字を取って、IMEIと略されています。

IMEIは電話番号や契約した回線とは関係なく、携帯電話の端末が持っている固有の番号です。

そのため、SIMカードなどを差し替えてもIMEI番号が変わることはありません。

15桁の番号で構成されている

IMEI番号は14桁の識別番号と1桁のチェックディジットを合わせた、15桁の数字で構成されています。

チェックディジットとは、数字列の誤りを検知するために付加される検査用の数字です。

IMEIの数字列には製造元や機種、シリアル番号などの情報が含まれています。

15桁の数字が「TTTTTT FF SSSSSS C」という並びの場合、それぞれ以下のような内容を意味しています。

  • TTTTTT:メーカー・機種固有番号(Type Approval Code、TAC)
  • FF:原産国(Final Assembly Code、FAC)
  • SSSSSS:シリアル番号(Serial Number、SNR)
  • C:Check Digit(チェックディジット)

(参考:https://www.au.com/support/faq/detail/35/a00000000435/ )

(参考:https://keitaikoukakaitori.com/column/imei/ )

IMEI番号の確認方法

IMEI番号の確認方法として、主に以下のような方法が挙げられます。

  • 電話アプリで確認
  • 設定アプリで確認
  • SIMトレイで確認
  • iPhoneのパッケージで確認
  • Apple公式サイトで確認
  • iTunesで確認

それぞれ解説します。

電話アプリで確認

IMEI番号はスマートフォンの電話アプリや、ガラケーのダイヤル画面から調べることができます。

ダイヤル画面で「*#06*」の順に入力しましょう。これで画面にIMEI番号が表示されます。

設定アプリで確認

IMEI番号はスマートフォンの設定アプリからも確認できます。

iPhoneの場合は以下の手順でIMEI番号を確認可能です。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」→「情報」をタップする
  3. 「IMEI」という項目に番号が表示されます

設定アプリで調べる方法は、電話アプリで調べるときのような番号を覚える必要がなく、最もポピュラーな方法といえます。

SIMトレイで確認

IMEI番号はSIMトレイで確認することもできます。

SIMピンをSIMトレイの穴に押し込むと、SIMトレイが飛び出します。SIMトレイにはIMEIが記載されていますので、確認しましょう。

故障や電池切れなど、本体を操作できないときに有効な方法です。

なお、SIMトレイを引き出すときは、事前に本体の電源を切っておきましょう。

iPhoneのパッケージで確認

IMEI番号は、スマートフォン本体購入時のパッケージでも確認できます。

iPhoneやAndroidスマートフォンを購入したときの箱が残っていれば、裏面や側面を確認してみましょう。

IMEIの書かれたシールが貼られているので、番号を確認できます。

Apple公式サイトで確認

iPhoneのIMEI番号はApple公式サイトから確認可能です。以下の手順で確認しましょう。

  1. https://appleid.apple.com/ にアクセスします
  2. 「サインイン」からApple IDとパスワードを入力してサインインします
  3. 「デバイス」欄でiPhoneを選択します
  4. IMEI番号が表示されます

ただしサインインの際、ワンタイムパスワードの入力などでiPhoneを操作する必要があるため、iPhone本体で確認したほうが手間がかかりません。

iTunesで確認

iPhoneをパソコンにつなぎ、iTunesでIMEI番号を確認する方法です。手順は以下の通りです。

  1. iPhoneをLightningケーブルでパソコンに接続する
  2. iTunesまたはFinderを開く
  3. iPhoneを選択する
  4. IMEI番号が表示されます

Apple公式サイトで確認する方法と同じく、iPhoneが操作可能であればiPhone本体で確認したほうが速いといえます。

(参考:https://www.nicosuma.com/magazine/imei-number )

IMEI番号からわかること

IMEI番号からは主に以下のようなことがわかります。

  • ネットワーク利用制限の状態
  • 機種名や色などの端末情報
  • アクティベーションロック
  • 保証情報

それぞれ詳しく解説します。

ネットワーク利用制限の状態

IMEI番号がわかると、ネットワーク利用制限の状態を確認することができます。

ネットワーク利用制限とは、通信業者(docomo・au・Softbankなど)が携帯電話端末に対して、通話やインターネット通信を利用できないようにする措置のことです。

ネットワーク利用制限をかけられた携帯電話は、通話やモバイル回線を利用したインターネット通信ができなくなります。

ネットワーク利用制限は「◯」や「△」のマークで示されます。以下にそれぞれの意味をまとめました。

  • ◯:利用制限がかかっていないので、通話もインターネット通信も利用できる
  • △:現時点で利用制限はかけられていないが、将来的に×になる可能性がある
  •  ×:利用制限がかかっているため、通話とインターネット通信が利用できない
  • ー:製造番号(IMEI)が確認できない

中古のスマートフォンなどを購入するときは、ネットワーク利用制限の状態をIMEI番号から確認しておくとよいでしょう。

ネットワーク利用制限については以下の記事で詳しく解説しています。

機種名や色などの端末情報

IMEI番号からは、携帯電話端末の機種名や色などの情報を知ることができます。

携帯電話の中古販売ショップから買うときは問題ありませんが、フリマアプリなどを利用して個人からスマートフォンを購入する際は、売られているものと商品情報が一致しているか確認したほうが安心できるでしょう。

以下のサイトを利用すると、iPhoneのIMEIから機種名や色を調べることができます。

参考:http://iphoneimei.info/

アクティベーションロック

IMEI番号から、アクティベーションロックがかかっているかどうかを調べることができます。

アクティベーションロックとはiPhoneなどを紛失した際、悪意のある第三者に強制初期化されて利用されるのを防ぐための機能です。

iPhone、iPad、iPod touch を紛失したり盗まれたりしても、第三者に使われないように保護するしくみです。アクティベーションロックは、デバイスで「探す」をオンにすると自動的に有効になります。
引用元:iPhone、iPad、iPod touch のアクティベーションロック – Apple サポート (日本)

中古で購入したiPhoneにアクティベーションロックがかかっていた場合、アクティベーション(初期設定)をしようとしてもできず、iPhoneを利用することができません。

スマートフォンの中古販売ショップにiPhoneを売るときは、iPhoneの「探す」機能をオフにしてアクティベーションロックを解除した状態でなければ買い取ってもらえません。しかしフリマアプリを利用した個人間での売買では、アクティベーションロックの解除を強制できません。

そこで、IMEI番号からアクティベーションロックがかかっているかを事前に確認しておくと、トラブルに巻き込まれずに済むでしょう。

iPhoneにアクティベーションロックがかかっているか確認する方法は以下の通りです。

  1. Apple サポート」にアクセスします
  2. 「iPhone」を選択します
  3. 「修理サービス」を選択します
  4. 「画面の修理」の「修理サービスを申し込む」を選択します
  5. 「配送修理」の「こちらから」を選択します
  6. 「シリアル番号、IMEI、または MEID を入力してください。」と表示されるのでIMEI番号を入力します

アクティベーションロックがかかっている場合、「申し訳ございませんが、『iPhone を探す』が有効な場合は、この修理案件を作成できません。『iPhone を探す』を無効にしてから、このシリアル番号をもう一度試してください。」と表示されます。

保証情報

IMEI番号からiPhoneが保証期間内かどうかを確認することができます。

iPhoneにはApple Careという保証が付いています。Apple CareはiPhoneの購入から1年間、故障内容によっては無償で修理を受けることができる保証サービスです。

購入から1年未満のiPhoneを中古で購入する場合、事前にIMEI番号がわかれば保証の範囲内かどうかを確認できます。

以下のサイトを利用すると、IMEI番号からiPhoneの保証情報を確認することができます。

参考:https://www.imeipro.info/check_imei_iphone.html

(参考:https://www.nicosuma.com/magazine/imei-number )

(参考:https://keitaikoukakaitori.com/column/imei/ )

IMEI番号が必要になるケース

IMEI番号が必要になるのは、以下のようなケースです。

  • フリマアプリなどでスマートフォンを売買するとき
  • SIMロックを解除するとき
  • サポートセンターに問い合わせるとき

それぞれ解説します。

フリマアプリなどでスマートフォンを売買するとき

フリマアプリなどでスマートフォンを売買するときはIMEI番号が必要です。

フリマアプリによっては、スマートフォンを出品するときにIMEI番号の記載が義務付けられている場合があります。

購入者側は出品されているスマートフォンのIMEI番号からネットワーク利用制限などを購入前に確認することができます。

売買のトラブル防止にもIMEI番号を記載し、購入する場合はIMEI番号を確認しておくようにしましょう。

SIMロックを解除するとき

通信キャリアで購入したiPhoneのSIMロックをオンラインで解除するときにIMEI番号が必要になります。

通信キャリアのオンラインでSIMロックを解除する際に、端末とIMEI番号を照合することで手続きを進めることができます。

SIMロックが掛かっているスマートフォンよりも、SIMロックが解除されているスマートフォンの方が需要が高い傾向にあります。スマートフォンの売却を考えている場合はSIMロックの解除も検討しておきましょう。

サポートセンターに問い合わせるとき

Appleのサポートセンターに問い合わせるときにIMEI番号が必要になる場合があります。

iPhoneの故障や紛失などでAppleのサポートセンターに問い合わせる際、IMEI番号を聞かれることがありますので、手元にiPhoneを用意できないときに備えて事前にメモを残しておくのもよいでしょう。

(参考:https://www.nicosuma.com/magazine/imei-number )

まとめ

本記事ではIMEI番号について、以下のポイントに沿って解説しました。

  • IMEI番号とは
  • IMEI番号の確認方法
  • IMEI番号からわかること
  • IMEI番号が必要になるケース

IMEI番号は中古スマートフォンを売買するときに必要になりますので、確認方法やネットワーク利用制限の調べ方を覚えておきましょう。