2022年3月25日 投稿者: gizmogo jp

iPhone・iPadを初期化(リセット)する方法は?下取りに出す前の準備や注意点も解説

iPhoneを初期化(リセット)する方法を解説します。iPhoneを下取りに出す前にはiPhoneを完全にリセットする必要があります。また、原因不明の不具合を解消したい場合にもiPhoneのリセットは有効です。iPadも同じ手順でリセットできますので参考にしてください。

「iPhone(iPad)を売りたいのでデータを初期化したい」
「iPhoneの調子が悪いけど、原因がわからない」

iPhoneを手放すときは、端末の初期化(リセット)が必要です。また、iPhoneに原因不明の不具合が起きた場合に初期化を行うと不具合が解消されることもあります。

本記事ではiPhone(iPad)を初期化(リセット)する方法を解説します。リセットする前にやるべきことや注意点も紹介していますので、iPhoneを下取りに出す前やリセットでの不具合解消を検討している方は参考にしてください。

iPhoneを初期化(リセット)するとどうなるのか?

iPhoneを初期化(リセット)すると、iPhoneに保存された全データと各種設定情報が削除されます。いわゆる工場出荷時の状態に戻ります。

iPhoneを初期化すると以下のデータと設定が消去されます。

  • 端末内の全データ:写真・動画・音楽・連絡先・メッセージ・メール・メモなど
  • 端末の全設定:Apple ID・パスコード・Face ID・Touch ID・Wi-Fi・Bluetoothなど

iPhoneを初期化してもiOSが古いバージョンに戻ることはありません。

iPhoneを初期化する前にやっておくべきこと

iPhoneを初期化する前に、以下のポイントを確認しておきましょう。

  • iPhoneのバックアップを取る
  • LINEのバックアップと引き継ぎ準備
  • 「iPhoneを探す」をオフにする
  • Apple Watchのペアリング解除
  • Apple PayとSuicaの紐付けを解除
  • iMessageとFaceTimeをオフにする

それぞれの手順を解説します。

iPhoneのバックアップを取る

iPhoneを初期化すると写真や連絡先などのデータも消去されてしまいます。そこで、事前にiPhoneのバックアップを取っておきましょう。バックアップがあれば、新しいiPhoneへのデータ移行がスムーズに行えます。

iPhoneのデータと設定情報のバックアップを取るには以下の2つの方法があります。

  • iCloudを利用する
  • パソコンを利用する

iPhoneのバックアップについては以下の記事で詳しく解説しています。

※「iPhone バックアップ」記事への内部リンク

iCloudを利用する

iCloudでiPhoneのバックアップを取る手順は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開きます
  2. 「ユーザー名」→「iCloud」をタップします
  3. 「iCloudバックアップ」をタップし「iCloudバックアップ」をオンにします
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップします

iCloudを利用すれば、パソコンを持っていなくてもiPhoneのバックアップを取ることができます。

パソコンを利用する

パソコンでiPhoneのバックアップを取る方法を解説します。

Windows PCでiPhoneのバックアップを取る手順は以下の通りです。

  1. iPhoneとWindows PCをケーブルで接続します
  2. iTunesを起動します(自動で起動する場合もあります)
  3. 画面左上のiPhoneアイコンをクリックします
  4. 「概要」をクリック
  5. 「今すぐバックアップ」をクリックします

MacでiPhoneのバックアップを取る手順を解説します。

macOS Catalina 10.15以降を搭載しているMacではiTunesではなくFinderを利用します。

  1. iPhoneとMacをケーブルで接続します
  2. MacのFinderを起動します
  3. iPhoneを選択します
  4. 「一般」をクリックします
  5. 「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」を選択します

LINEのバックアップと引き継ぎ準備

LINEのトーク履歴は以下の手順でバックアップします。

  1. LINEアプリを開きます
  2. 「ホーム」タブをタップ→「設定」をタップ
  3. 「トーク」をタップ
  4. 「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップ

また、LINEアカウントの引き継ぎ方法に関してはLINE公式による「LINEあんぜん引き継ぎガイド」参照ください。

「iPhoneを探す」をオフにする

「iPhoneを探す」をオフにしておきましょう。この作業を行わずにiPhoneを売却すると、「アクティベーションロック」が掛かりiPhoneを使用できなくなる恐れがあります。

以下の手順で「iPhoneを探す」をオフにします。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. Apple ID名をタップ
  3. 「探す」→「iPhoneを探す」
  4. 「iPhoneを探す」をオフにします

Apple Watchのペアリング解除

Apple Watchを利用している場合は、ペアリングを解除しておきましょう。

また、Apple WatchにSuicaなどの交通系ICカードを入れている場合は、ペアリング解除の前に削除しておきましょう。

Apple Watchのペアリングを解除する手順は以下の通りです。

  1. iPhoneとApple Watchを近づけます
  2. iPhoneの「Watch」アプリを起動します
  3. 「マイウォッチ」タブをタップし「すべてのWatch」をタップします
  4. ペアリングを解除したいApple Watch横の「i」アイコンをタップします
  5. Apple IDのパスワードを入力し「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップします
  6. 「〇〇(ユーザー名)Apple Watchとのペアリングを解除」をタップ
  7. Apple IDのパスワードを入力し右上の「ペアリング解除」をタップします

Apple PayとSuicaの紐付けを解除

SuicaがApple Payに紐付いている場合はiPhoneを初期化する前に「Wallet」アプリから削除します。Suicaが残ったままだと、iPhoneを機種変更したときにSuicaの残高などを移行できません。

以下の手順でSuicaを削除できます。

  1. 「Wallet」アプリを開きます
  2. Suicaを選択します
  3. 右上の「…」をタップします
  4. 最下部の「このカードを削除」をタップします

iPhoneからSuicaを削除してもSuicaのデータはサーバー上に残っています。新しいiPhoneでSuicaを再設定することで、サーバー上に残っていたSuicaのデータが取り込まれます。

詳細については「モバイルSuicaサポートポータル」を参照ください。

iMessageとFaceTimeをオフにする

iPhoneを初期化する前に以下の手順でiMessageとFaceTimeをオフにしておきましょう。

  1. 「設定」アプリを開きます
  2. 「メッセージ」をタップ
  3. 「iMessage」をオフにします
  1. 「設定」アプリを開きます
  2. 「FaceTime」をタップ
  3. 「FaceTime」をオフにします

以上の設定をしておくことで、iPhoneからAndroidスマートフォンに機種変更した場合にSMSやテキストメッセージが届かなくなるトラブルを防ぐことができます。

iPhoneを初期化(リセット)する方法

iPhoneを初期化する2通りの方法を解説します。

  • iPhone単体で初期化する
  • パソコンで初期化する

また、いずれの方法で初期化する場合でもバックアップを取るなどの最終確認が欠かせません。

事前準備の最終確認の後、それぞれのバックアップ方法を解説します。

事前準備の最終確認

iPhoneを初期化すると以下のデータが消去されます。

  • 端末内の全データ:写真・動画・音楽・メール・SMS・連絡先など
  • 端末の全設定情報:Apple ID・パスコード・Face ID・Touch ID・Wi-Fi・Bluetoothなど

初期化する前にこれらのデータのバックアップを取っておきましょう。

本記事ではiCloudを利用してバックアップを取る方法とパソコンを利用してバックアップを取る方法を解説しています。ただしLINEのトーク履歴など一部のアプリの一部のデータに関しては、個別にバックアップを取る必要があります。

また、Suicaなどのデータも初期化前に削除(退避)しておきましょう。機種変更をした後のスムーズな移行が可能になります。

iPhoneを初期化する方法(iPhone単体で行う場合)

iPhone単体で初期化する手順を解説します。

  1. 「設定」アプリを開きます
  2. 「一般」をタップします
  3. 下部にある「リセット」をタップします
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします
  5. バックアップが住んでいる場合は「今すぐ消去」をタップします
  6. iPhoneのパスコードを入力します
  7. 「iPhoneを消去」をタップします
  8. 「すべてを消去」をタップします
  9. Apple IDのパスワードを入力しキーボードのreturnまたは右上の「消去」をタップします

以上の手順でiPhoneを完全に初期化することができます。

パソコンでiPhoneを初期化する方法

パソコンを使ってiPhoneを初期化する手順を解説します。

macOS Catalina以降のMacではFinderを利用し、Windows PCまたはmacOS Catalina以前のMacではiTunesを利用します。

  1. パソコンとiPhoneをケーブルで接続します
  2. FinderではサイドバーのiPhone、iTunesでは上部のiPhoneアイコンをクリックします
  3. パソコンとiPhoneを初めて接続した場合はiPhoneを信頼するか訊かれるので「信頼」をクリック、iPhoneでも「信頼」をタップ→パスコードを入力します(Macと初めて接続した場合は「はじめよう」をクリックします)
  4. 初期化するには「iPhoneを復元…」をクリックします
  5. ポップアップが出てくるので「復元」をクリックします

以上の手順でiPhoneを初期化することができます。

なおiOSが最新バージョンでない場合、初期化後に最新バージョンのiOSにアップデートされます。

iPhoneを初期化する必要があるケースとは?


iPhoneを普通に使用している限り、初期化を行うことはほとんどありません。

iPhone初期化する必要があるのは以下のケースに該当するときです。

  • iPhoneを売りたいとき
  • iPhone入力します不具合が起きたとき
  • iPhoneを紛失したとき

それぞれのケースによって初期化の手順や注意点は異なりますので、解説します。

iPhoneを売りたいとき

iPhoneを売りたいときは初期化が必要になります。

売却だけでなく、知人に譲渡するような場合も含まれます

iPhoneの中には写真や動画などのデータの他にも、アカウント情報や設定情報などのデータも入っています。写真などのデータだけ削除しても、設定情報を削除していなければ、連絡先や住所などが漏洩してしまう可能性もあります。

iPhoneを売る前には必ずバックアップを取った後に初期化を行い、再起動した時に初期設定画面が表示されることを確認しましょう。

iPhoneに不具合が起きたとき

iPhoneに不具合が起きたときも、初期化を検討しましょう。

不具合には以下のような症状が含まれます。

  • アプリが起動できない
  • アプリの誤作動
  • アプリが落ちる
  • 思ったようにタッチ操作できない

アプリの再インストールやiPhoneの再起動を行っても不具合が解消しない場合は、初期化することで不具合が解消される可能性があります。

初期化の前にはバックアップを取りましょう。そして初期化後に復元を行います。

初期化しても不具合が解消されない場合は、修理に出すことを検討しましょう。

iPhoneを紛失したとき

iPhoneを紛失したり盗まれたりした場合も初期化をするケースに該当します。

「iPhoneを探す」機能を使ってもiPhoneが見つからない場合は、iCloud経由でiPhoneを初期化することができます。

紛失したiPhoneがインターネットに接続されていれば、パソコンなどからiCloudにサインインしてiPhoneを遠隔で初期化することができます。またiPhoneがオフラインであっても、次にオンラインになったタイミングで初期化が開始されます。

AppleCare+ 盗難・紛失プランに加入している場合は注意が必要です。補償申請が承認される前に初期化してしまうと補償の対象外となる場合があります。

この場合、補償申請が承認されるまでは「紛失モード」または「紛失としてマーク」を利用することでiPhoneのデータを保護することが可能です。

まとめ

本記事ではiPhoneを初期化する方法と、初期化前にやっておくべきことを解説しました。

iPhoneを売却するときは初期化が必要です。そして初期化や初期化前の準備をしておかないと、買取してもらえない場合もあります。

また、iPhoneを初期化すると大切なデータや設定情報もすべて消去されます。 初期化をする前は本記事を参考に、焦らずバックアップを取っておきましょう。